平成30年5月6日(日)

(こうぼうだいししょうみえく)

弘法大師正御影供

虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん。

この世界が無くなり、生きるものも居なくなり、救うべき者が一人もいなくなれば、私の願いも終わる。

それまで私は救いを求める者の傍にあろう。そう言われて大師は御入定されました。

入定の日は、旧暦の3月21日。今年は5月6日。

すべての苦しむものを救おうという、目の前の人に手を差し伸べようという大師の心を感じ、

遺徳を受け継がんとする法会が正御影供です。

 

<当日の予定>

  • 法要……10時より

内吉野支所寺院総出仕 理趣三昧法会・讃歌・御詠歌

  • バザー……12時より
  • 講演……13時より「笑いと健康」吉野病院 院長 福岡篤彦 氏

<プロフィール>

昭和三十八年七月七日生まれ。平成二十八年より吉野病院院長に就任。
外来診療のほか、地域へ出て在宅医療にも取り組む。呼吸器内科を専門として、慢性閉塞性疾患(COPD)について研究を進めてきた。

―COPD患者は長い呼吸困難から不安を抱えている方が多く、笑って元気になって欲しい、リハビリに前向きになって欲しいとの思いで笑いヨガを始めました。誰でも簡単に出来る笑いヨガは、高齢者や糖尿病など病気を抱えている方々に明るい生活をもたらし、元気な方にもより一層、健康になるきっかけがあるのではと考えています―。

  • 大もちまき……14:30より 境内にて

犬飼町のみなさまによる、手作り紅白餅のお接待(雨天時は配布します)

 

  1. 昼食は巻きずし等のお接待を用意いたします。
  2. お供えを頂いたお方には、御影供の祈願札と、お大師様の伝記冊子を進呈します。
  3. お世話人さまの御膳帳に芳名いただき、「黄色い案内ハガキ」を頂いた方には、記念品を進呈いたします。お持ちの方は忘れずに「黄色い案内ハガキ」をご持参ください。

 

<シャトルバスのご案内>

当日、橋本駅よりシャトルバスを運行します。ぜひご利用くださいませ。

◎迎え(橋本駅→轉法輪寺)

  • 7:30分、8:30分、9:30分、10:30分、11:30分

◎送り(轉法輪寺→橋本)

  • 12:30分、13:30分、14:30分、15:30分、16:30分

乗換案内はこちら

 


<犬飼町・お世話人のみなさまへ>

平素からご尽力いただき、誠に感謝申し上げます。

御膳帳を持って周っておられるお方、またお供え頂いた檀信徒さまのお気持ちを、法会で参詣の皆様に伝えられるよう、準備させていただいております。

犬飼の檀信徒・世話人・寺方が協力して、盛大におまつりを行えるよう、よろしくお願いします。

<お手伝い頂きたい日取り>

  • 5月5日午前8時より……世話人:掃除、境内・堂内の準備。犬飼町の方:もちつき
  • 5月5日午後7時より……もち準備
  • 5月6日午前8時より……配役に従って作業
  • 5月6日午後2時半より……もちまき(犬飼町の方)
  • 5月7日午前8時頃より……(前日の片づけの進捗をみて)大掃除・片づけなど