Skip to Content

平成31年初詣のご案内

例年通り、新年の法要を催します。

皆さまどうぞお参り下さい!

<12月31日>

23時~ 除夜の鐘 百八灯明の点火 (お参りの皆さまに灯して頂きます)

0時~  般若理趣三昧 初護摩供 大数珠繰り 今年の一字

<1月1日、1月2日>

8時~17時  破魔矢授与 お守り販売 甘酒接待

<1月3日>

9時半~ 新年護摩法要 御鏡開き (年男・年女の皆さまに鏡餅を切って頂きます)

ぜんざい・鏡餅 接待 おたのしみ福引き

11時半頃~ 犬飼山 正月ジャズライブ

朝倉聖トリオ&藤野純子 ほか

朝倉 聖(ドラム)
佐藤由行(ピアノ)
藤岡靖博(ベース)
藤野純子(ボーカル)
尾上利香(ボーカル)
井筒昇(オルガン)

先祖永代供養会 12月8日(土)

犬飼山篤志奉納者永代供養会

轉法輪寺に永代供養を申し込まれている方に、あらかじめご案内させて頂いています。
ご出席頂ける方は出欠をご連絡くださいませ。
なお、回向証引換番号を連絡させて頂いた封筒に記載しております。ご持参くださいますよう、よろしくお願いします。

  • 日時:2018年12月8日(水)
  • 法要:9時半より 記念講演:11時頃より
  • 場所:轉法輪寺大教堂2階

昼食はお接待いたします。

 

<永代供養会記念講演>

「病室に輝く満天の星」
~宙先(そらさき)案内人 高橋真理子氏~

「本当はみんなの頭の上には、毎日こんなにたくさんの星が輝いていて、みんなのことを見守ってくれています。だから、たくさん願い事をしても大丈夫」。重い障害で外に出られない子ども、長期入院している子どもたちに優しく語りかける高橋さん。生きる希望を与えるため、プラネタリウムを持って全国の施設を回られています。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

高橋真理子プロフィール
1970年埼玉県生まれ。山梨県立科学館・天文担当として勤務し、2013年独立。
星つむぎの村代表理事。山梨県立大学非常勤講師。

著作

『「人はなぜ星を見上げるのか-星と人をつなぐ仕事-』

『星空を届けたい-出張プラネタリウムはじめました-』

「星には人を励まし、癒す力がある」。
星空を眺め、過去や現在を振り返るひとときを過ごします。
お孫さんもごいっしょに、参加されてはいかがでしょうか。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

平成31年厄除星祭祈祷

 


当山の星祭り祈祷は、申込み頂いた時から、2月3日まで長日ご祈祷します。

その後、皆さまにお札をお渡し(発送・持ち帰り両方可)します。1年間仏壇・神棚にておまつりください。

年末より、厄除け星祭りの申し込みを始めています。締め切りは来年(2019年)の1月半ばです。

 

厄除け星祭りのご案内(pdfリンク)

<厄年(数え年)>

男…25歳(平成7年生まれ)、41歳(昭和54年)、42歳(昭和53年)、43歳(昭和52年)、60歳(昭和35年)

女…19歳(平成13年生まれ)、32歳(昭和63年)、33歳(昭和62年)、34歳(昭和61年)、60歳(昭和35年)

 

<九曜星の吉凶>
凶運の星廻り…(数え年で記しています)
<羅睺星>1、10、19、28、37、46、55、64、73、82、91
<火曜星>6、15、23、32、41、50、60、69、78、82、96
<計都星>7、16、25、34、43、52、61、70、79、88、97

 

 

厄除星祭祈祷規定(pdfリンク)

年間祈祷(家族祈祷)・個人祈祷・交通安全祈祷の3種類があります。

  • 年間祈祷を申し込まれると、毎月28日の不動護摩供で厄除け開運を祈祷し、お札を授与いたします。大口の祈願を申し込まれたご家族様には、毎日の護摩で氏名を奉読して祈願しております。
  • 厄年の方は、個人祈祷5千円以上の特別祈祷(厄除開運箸付き)をお勧めいたします。
  • 交通安全祈祷は、お守りとシールをお付けします。

申込用紙PDF(pdfリンク)

住所・氏名・年齢(数え年)、発送の有無等を正確にご記入ください。

お名前、住所の読み上げを致しますのでフリガナを添えて下さい。

 

お申し込みは上記PDFを印刷して送付して頂くか、FAXにて受付いたします。

受付次第、折り返して振込用紙を送付致します。

直接寺務所までお持ちいただいても構いません。また問合せフォームから、申込書の送付も承ります。

秋彼岸・先祖供養会 9月21日(金)

9月21日(金)午前9時半より

轉法輪寺 大教堂2階

9:30~法会開式

11:00~法話 本山布教師 福岡県普門院 才田亮舜 僧正

 

暑さ寒さも彼岸まで。今年も夏が過ぎゆこうとしています。

季節の変わり目に、いま私があるのはどういうことか、確かめなおすのはいかがでしょうか。

 

ある人がこう言っていました。

「動物でも、植物でも、進化するやんかぁ。

自分ら(わたしたち)も進化せなあかんと思うねん。昔よりもっと良く、より良くって。

もちろん時代には合わせていくのもそうや。それも前の人が残したものを改良改善していくのが、わしらの務めなんちゃうかな。

いまポッと生まれて出てきてるわけじゃなくって、ご先祖さんや色んな人が残したもんがいっぱいあるはずや。

それ、まず見直してみたら、いま自分がやらなあかんこと、わかる気がするんや。」

 

自然の生き物は環境に進化することを、誰から教えてもらったわけでもなく、必要に応じて前に進みます。

我々人間も、日々に追われて目が向けられないこともたくさんありますが、

何を日々の芯として生きていくのか、見直す時間が必要なのではないでしょうか。

 

9月21日は金曜日、平日の法会ではございますが、皆さまのお参りをお待ちしています。

合掌

丹生狩場両明神祭 10月13日(土)

10月13日(土)<丹生・狩場両明神祭>

轉法輪寺のスタートラインであり、高野山開創の始まりでもある、お二人の神さまをおまつりする大祭です。

弘法大師空海(お大師さま)は、修行道場にふさわしい場所を探している道中で、狩場明神さま・丹生明神さまと出会われて高野山へ導かれました。

高野山を切り拓くにあたって、まず初めに檀上伽藍にこの両明神のお社を建てておられます。

そののちに、狩場明神さまと出会われた五條市犬飼に、轉法輪寺を創建されたと記録されています。

檀上伽藍に祀られる明神社の、丹生明神の本社は天野丹生都比売神社、狩場明神の本社が轉法輪寺です。
詳細は寺史にて!リンク先の下にあります。


 

【法会詳細】

平成28年10月13日(土) 10時 開式

庭儀

浦安の舞の奉納 ―丹生都比売明神社より巫女様の出仕―

その後―お餅まき・昼食接待―

子安地蔵尊大法会 7月24日(火)

 

<子安地蔵尊大法会>7月24日(火) 午前8時より


先日より続いている記録的豪雨による災害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

表記の<子安地蔵尊大法会>のご案内です。

水子幼没霊供養・安産子授け祈願の法会です。

またこれから育つ子どもたちが、健全に成長できる社会を祈る法会でもあります。

暑いさなかではありますが、みなさまと一緒にお勤めできるのを楽しみにしております。

初めにも申し上げましたように、今も避難生活を続けるお方もおられるかと存じます。

法会において、支援金の御寄附を集めさせて頂きます。どうぞご協力お願い申し上げます。

 


【当日のスケジュール】

  • 8時~ 第一会 地蔵堂にて:永代供養水子霊の供養法会
  • 9時半~ 第2会 教堂にて:子安地蔵尊法会  水子幼没霊供養・先祖諸霊供養・安産子授け、子育て祈願
  • 10時半頃~ 教堂にて:子どもたちの歌とダンスのステージ
  • 11時頃~ 境内:千灯供養

例年同様、昼食のお接待をさせて頂きます。

また境内では子ども縁日遊び、境内探検スタンプラリーを準備しています。

<教堂1階での催し>

  • 折り紙きょうしつ
  • 消しゴムはんこ体験

<ゼンジ―南京マジックショ―> 午後1時頃より

 


【シャトルバスのご案内】

当日駐車場の混雑が予想されます。橋本駅前よりシャトルバスを運行いたします。どうぞご利用くださいませ。

JR・南海橋本駅前発:毎時30分(7時~11時)

帰りのバスは午後13時30分より随時運行いたします。

 


【お供養のご案内】 

◎ 水子供養・先祖供養を受付いたします。専用申込書またはFAXにて送付ください。当日受け付けも致します。

<申し込み事項>

  1. 申し込まれる方の住所・氏名・電話番号
  2. 供養を希望される方の、戒名、水子の場合は家・親の名前
  3. 命日
  4. 俗名(あれば)

{例}OO家水子 命日OO 俗名OO

OO(親の名前)の水子

OO信士・OO家先祖代々など

供養料は一霊500円です。前日までに申し込みの方はお振込み下さい。

 

◎奉納品(地蔵様のよだれかけ)は7月21日までに当山へお納めください。

◎7月30日(月)に、高野山奥の院参道の地蔵尊に前掛けをつけに行きます。有志でのお勤めとなります。

 


【お世話人の皆様へ】

恐れ入りますが、ご奉仕お願いいたします。

  • 7月23日:境内掃除・のぼり立て・提灯吊り・飾り付けなど、各所準備
  • 7月24日:法会当日。服装は袖なしの白衣・腕念珠。女性の方は浴衣でも結構です。
  • 7月25日:後片付け

※世話人会に入会したい方、法要を手伝ってみたい方も募集しています。お手伝い頂ける方は昼食や記念品の数の関係上、事前にご一報ください。

弘法大師正御影供 5月6日(日)

 

平成30年5月6日(日)

(こうぼうだいししょうみえく)

弘法大師正御影供

虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば 我が願いも尽きなん。

この世界が無くなり、生きるものも居なくなり、救うべき者が一人もいなくなれば、私の願いも終わる。

それまで私は救いを求める者の傍にあろう。そう言われて大師は御入定されました。

入定の日は、旧暦の3月21日。今年は5月6日。

すべての苦しむものを救おうという、目の前の人に手を差し伸べようという大師の心を感じ、

遺徳を受け継がんとする法会が正御影供です。

 

<当日の予定>

  • 法要……10時より

内吉野支所寺院総出仕 理趣三昧法会・讃歌・御詠歌

  • バザー……12時より
  • 講演……13時より「笑いと健康」吉野病院 院長 福岡篤彦 氏

<プロフィール>

昭和三十八年七月七日生まれ。平成二十八年より吉野病院院長に就任。
外来診療のほか、地域へ出て在宅医療にも取り組む。呼吸器内科を専門として、慢性閉塞性疾患(COPD)について研究を進めてきた。

―COPD患者は長い呼吸困難から不安を抱えている方が多く、笑って元気になって欲しい、リハビリに前向きになって欲しいとの思いで笑いヨガを始めました。誰でも簡単に出来る笑いヨガは、高齢者や糖尿病など病気を抱えている方々に明るい生活をもたらし、元気な方にもより一層、健康になるきっかけがあるのではと考えています―。

  • 大もちまき……14:30より 境内にて

犬飼町のみなさまによる、手作り紅白餅のお接待(雨天時は配布します)

 

  1. 昼食は巻きずし等のお接待を用意いたします。
  2. お供えを頂いたお方には、御影供の祈願札と、お大師様の伝記冊子を進呈します。
  3. お世話人さまの御膳帳に芳名いただき、「黄色い案内ハガキ」を頂いた方には、記念品を進呈いたします。お持ちの方は忘れずに「黄色い案内ハガキ」をご持参ください。

 

<シャトルバスのご案内>

当日、橋本駅よりシャトルバスを運行します。ぜひご利用くださいませ。

◎迎え(橋本駅→轉法輪寺)

  • 7:30分、8:30分、9:30分、10:30分、11:30分

◎送り(轉法輪寺→橋本)

  • 12:30分、13:30分、14:30分、15:30分、16:30分

乗換案内はこちら

 


<犬飼町・お世話人のみなさまへ>

平素からご尽力いただき、誠に感謝申し上げます。

御膳帳を持って周っておられるお方、またお供え頂いた檀信徒さまのお気持ちを、法会で参詣の皆様に伝えられるよう、準備させていただいております。

犬飼の檀信徒・世話人・寺方が協力して、盛大におまつりを行えるよう、よろしくお願いします。

<お手伝い頂きたい日取り>

  • 5月5日午前8時より……世話人:掃除、境内・堂内の準備。犬飼町の方:もちつき
  • 5月5日午後7時より……もち準備
  • 5月6日午前8時より……配役に従って作業
  • 5月6日午後2時半より……もちまき(犬飼町の方)
  • 5月7日午前8時頃より……(前日の片づけの進捗をみて)大掃除・片づけなど

 

稲荷祭

平成30年3月10日(土)

10時開式

鳴護摩修法

おもちまき

 

今年も春の稲荷祭を執行致します。お稲荷様はご存じの通り、商売繁盛・五穀豊穣の神様です。

眷属のキツネのお姿で馴染みがありますね!そして、学芸にも御利益ありとされています。

 

例年は3月5日に執行しておりました稲荷祭ですが、本年より土日祝日に合わせて行うことと致しました。

お間違えのないよう、お願い致します。

 

 

 

星祭結願法会

平成30年2月3日(土)10時開式

10:00~ 星祭法会

11:30頃~ 豆まき・餅まき:職衆・世話人・有志の厄年のお方

境内テントにて:ぜんざい接待

 

11:45頃~ 厄除け札授与

※申し込み時に、発送を希望されたお方様には、1月28日の十二座護摩供をもって郵送させて頂きます。なお、お申し込みの時期により未発送のお札もございます。ご了承くださいませ。