Skip to Content

先祖永代供養会

犬飼山篤志奉納者永代供養会

轉法輪寺に永代供養を申し込まれている方に、あらかじめご案内させて頂いています。
ご出席頂ける方は出欠をご連絡くださいませ。
なお、回向証引換番号を連絡させて頂いた封筒に記載しております。ご持参くださいますよう、よろしくお願いします。

 

日時:2017年12月6日(水)

法要:9時半より 記念講演:11時頃より

場所:轉法輪寺大教堂2階

昼食はお接待いたします。

 

<永代供養会記念講演>

「語り継ぐ戦争」~命の重みを伝えたい~

講師:立命館大学平和ミュージアムのガイド 布川庸子 さん

戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。生命は、誰かの持ち駒ではない。(中略)血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。
「自由と平和のための京大有志の会『声明書』より抜粋」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::

布川庸子プロフィール

昭和9年6月、京都伏見に生まれる。
38年間の教職生活の後、立命館大学平和ミュージアムのガイドになる。

著作『あの戦争を伝えたい』2000年:かもがわ出版

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

西山厚先生連続講座

西山厚先生仏教連続講座ポスター

西山厚先生仏教連続講座

「心ひかれる仏教の話」 西山厚先生連続講座 

講師:帝塚山大学教授 西山厚先生

【プロフィール】

帝塚山大学教授、元奈良国立博物館芸部長。仏教を「生きた言葉で伝える」モットーに、多くのテレビ・ラジオ等に出演中。

著書 『語りだす奈良 ~118 の物語~ 』(ウェッジ)、『仏教発見!』(講談社現代新書)、他多数。

<日時・講義内容>

  • 第1回講座 6月3日(土)「東大寺の大仏に込められた祈り」
  • 第2回講座 12月10日(日)「観音菩薩に会う」

いずれも13時開講予定です。<12:30開場、13:00開講、15:30終了予定>

<場所>

犬飼山轉法輪寺 大教堂2階 ◎駐車場有 住所:奈良県五條市犬飼町124番地

<受講料>

  • 事前申し込みの場合、2講座で1,000円です。※お申込み頂いた方に受講証を郵送いたします。
  • 当日申し込みの場合はいずれも1講座1,000円と致します。

<定員>

80名

<申し込み方法>
2017西山厚先生連続講座申し込み(←PDFファイルが開きます)

パンフレットの裏面が申し込み書になっています。

PDFデータを印刷して頂き、郵送・FAX、もしくは直接申込用紙をお持ちください。パンフレットは寺務所でもご用意しております。

みなさまのお申し込みをお待ちしております!!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<リンク>

西山先生のテレビ出演動画が、こちらからご覧いただけます!

NHKオンライン奈良放送局

「西山教授の仏教よもやま話」

http://www.nhk.or.jp/nara/program/yomoyama/log/log_index.html

丹生・狩場両明神祭

10月16日(月)<丹生・狩場両明神祭>

轉法輪寺のスタートラインであり、高野山開創の始まりでもある、お二人の神さまをおまつりする大祭です。

弘法大師空海(お大師さま)は、修行道場にふさわしい場所を探している道中で、狩場明神さま・丹生明神さまと出会われて高野山へ導かれました。

高野山を切り拓くにあたって、まず初めに檀上伽藍にこの両明神のお社を建てておられます。

そののちに、狩場明神さまと出会われた五條市犬飼に、轉法輪寺を創建されたと記録されています。

檀上伽藍に祀られる明神社の、丹生明神の本社は天野丹生都比売神社、狩場明神の本社が轉法輪寺です。
詳細は寺史にて!リンク先の下にあります。


 

【法会詳細】

平成28年10月16日(月) 10時 開式

庭儀

浦安の舞の奉納 ―丹生都比売明神社より巫女様の出仕―

その後―お餅まき・昼食接待―

不動護摩キュウリ加持


不動護摩 キュウリ加持祈祷

  • 日程:7月28日(金)
  • 時間:朝9:00~12:00頃まで (当日の祈祷受付は10時までとします)
  • 場所:轉法輪寺 教堂2階
  • 祈祷料:一体500円(きゅうりはこちらで用意いたします)

※キュウリ加持祈祷は、ご祈祷をしたきゅうりをご自宅に持ち帰っていただき、1週間拝んで頂きます。

お申し込みは28日当日に持ち帰ることが出来る方に限らせて頂きます。

事前申し込みを寺務所にて受付しています!

 

キュウリ加持は、弘法大師が唐(中国)より持ち帰られたといわれる秘法です。

キュウリを体に見立てて災難や病気を封じ込め、夏の暑い時期を無事に過ごせることを願うご祈祷です。

病気平癒を願う方、無病息災を願う方は、ぜひお参り下さい!

※代理参拝でも結構です。ご家族の人数分の申し込みも可能です。

 

お授戒会

11月の月並み御影供は、例年通り「お授戒会」を執行致します。

9時半より、第一会:大師会 第二会:授戒会 と、続けて行いますので、早目のご参詣よろしくお願いします。

 

お大師さまは

「み仏の戒めを守ることによって、人の体は潤いあるものになる。それはあたかも諸天の飲み物といわれる甘露を飲むことによって、身にまとわりついた病が除かれるようなものである」

言われています。

奈良時代、大変な苦労をされて日本に渡られた鑑真和尚も、戒律の伝わっていない日本で授戒をされることを夢見ておられ、ついにはそれを実現されました。

 

脈々と伝わる「戒」を、皆さまにも受けていただき、日常の生活の指針としていただきたいものです。

 

受戒をされた方には、戒蝶をお授け致します。

また、巡拝等で使っていただける敷き蓮華、お守りを購入いただけます。

 

どうぞ皆さまお誘いあわせのうえ、ご参詣下さい!

 

日時:11月21日 9:30~ 轉法輪寺 大教堂2階

持ち物:白衣・念珠・輪袈裟 (持っておられなくても構いません)

轉法輪バックナンバー.2017

轉法輪167号(2017年元旦号)

  1. 死ねない命 桑山慈紹
  2. 今年の方位の吉凶
  3. 生かせいのち 第52話 桑山聖規
  4. 心に宝を―本当のプレゼントとは― 第22話 井上覚善
  5. 生かし生かされ尊い命 岩井恵照
  6. 体験談
  7. 永代供養会について~やなせななコンサート~
  8. その他(行事報告・初詣の案内など)

轉法輪168号(2017年御影供号)

  1. 大師の光につつまれて 桑山慈紹
  2. 生かせいのち―命は天より与えられた宝― 第53話 桑山聖規
  3. 心のふるさと―お地蔵さま、東北へ― 桑山聖淳
  4. 修行大師像・御砂踏み道場建立三十年を迎えて
  5. その他(行事報告・御影供案内)

轉法輪169号(2017年地蔵尊号)

  1. 世界平和の祈り 桑山慈紹
  2. 生かせいのち 第54話―地蔵尊の法話― 桑山聖規
  3. 心に宝を 第23話―叱る愛情― 井上覚善
  4. 四国八十八ヵ所 歩き遍路のちょっといい話
  5. 体験談
  6. 受明灌頂の案内
  7. その他(行事報告・御影供御礼)

轉法輪170号(2017彼岸号)

  1. 心配せんでええ、なるようになる 桑山慈紹
  2. 生かせいのち 第55話―彼岸と此岸― 桑山聖規
  3. 心に宝を 第24話―真心の大切さ― 井上覚善
  4. 故郷の夏景色 岡眞知子
  5. 素晴らしき「轉法輪寺お遍路隊」
  6. その他(行事報告、地蔵祭御礼)

 

秋彼岸・先祖供養会

9月21日(月)午前9時半より

轉法輪寺 大教堂2階

9:30~法会開式

11:00~法話 本山布教師

春彼岸会

平成28年3月21日(月) 祝日

午前9時より 彼岸会法要

11時より お琴演奏会 「琴の調べ 花舞(はなまい)」

 

3月の月並御影供は、春彼岸会としまして、ご先祖様のお供養を致します。

季節の変わり目、年度の終わりとして、いま一度ご先祖様から今の私へ繋がる道を振り返りましょう。

 

法要の後には、橋本市の中学生・高校生の「邦楽演奏会」を催します。

出演される邦楽部は、全国大会に連続入賞し、昨年度には最優秀賞も頂いている名門校です。

演奏の繊細さや勇壮さ、瑞々しさにも注目して頂きたいですが、

生徒さんたちの立ち居振る舞いや佇まいはまるで、「おうた子に教えられ」という気持ちにさせられます。

是非にお立ち寄りいただき、素敵な春のひとときをお過ごしくださいませ。

 

EPSON MFP image

<琴の調べ 花舞>

11時より 入場無料

出演:古佐田丘中学校・橋本高校邦楽部のみなさん

曲目

・砧(きぬた)宮城道雄

・花舞 牧野由多可

・365日の紙飛行機(NHK朝のドラマ「朝がきた」主題歌)AKB48

ほか

御影供御膳帳のお願い

平成28年2月21日より、お世話人の皆さまに正御影供の御膳帳をお願いしています。

御膳帳は、御膳料をお供え頂いた方の名前を記帳し、御祈願させていただきます。

 

御膳料とは読んで字のとおり、お大師様に「御膳」をお供えするためのお金です。

それをもって、御影供を勤めさせていただくのです。これはどのようなことでしょうか。

 

もちろん、お大師さまへ奉げる、お経の「御法楽」もございます。

そしてさらに考えると、

一旦お大師様のお手元に納めた御膳料をもって御影供を勤めることは、

御影供において、お寺や世話人がご参拝の方々にさせていただく、お接待やおもてなしも、お大師様から皆様へのお接待なのです。

だからこそ、出来る限り皆さまに喜んでもらえるような、御膳料の使い方を私たちは考えていかなければと思っています。

 

至らぬ点も多くありますが、どうぞよろしくお願い致します。

お世話人様、御苦労をおかけします。よろしくお願い致します。

 

轉法輪バックナンバー.2017

轉法輪167号(2017正月号)

  1. しねない命 桑山慈紹
  2. 2017年方位の吉凶
  3. 生かせいのち 第52話 桑山聖規
  4. 心に宝を 第22話 井上覚善
  5. 生かし生かされ尊い命 岩井恵照
  6. 体験談
  7. 永代供養会報告
  8. その他(初詣~新春行事について)